蝶のまばたき

もう死にたい、消えたい・・・無職アラフィフ独身女の雑記帳

天才を見た!!

日雇いの単発仕事も

最近はあまり行っていません。

 

仕事の募集が今めっきり少ないのと

体力と気力がないのです。

最低限の家賃と年金だけでも大出費なので

せめて週に2回はと思うのですが。

 

そういえば、先日めずらしく

家から徒歩10分以内にある仕事先が

募集に出ていたんです👀

 

たいがい電車やバスの公共交通機関

使っての移動が当たり前なので、

これほど近場はめったにないことです。

乗り物を使った上、徒歩20分なんていうのも

ざらにありますから。

 

仕事内容は居酒屋のホール兼洗い場。

ホールは苦手意識があり、なるべくは

避けてきましたが、今回久しぶりにエントリー。

 

飲食店のホール業務は、これを機に

完全に見切った方が良いのか?

最新の適性チェックができるかと思って

挑戦することにしました。

 

また、お店が自宅から最寄り駅の道中にあり

毎日のように前を通っています。

何となく気になっていたので、偵察もかねて。

 

夜5時間の業務。

店長さん、板さん、アルバイトの若い女性お二人。

店長さんは、日雇い労働者に対する

見えない線引きの「圧」がありながらも

優しく親切でした。

きちんと筋は通しますよ、といったような。

 

他の方も大変優しくてありがたかったです。

あと、お店の規模が大きすぎず丁度よくて

初めてでもやりやすかったですね。

でも、私には基本的にホールの適性はないようです。

 

もう一つ気になることが。

自分がホールで入ると、お客さんの入りが

通常より減ってしまうようなんです(>_<)

今まで日雇いでホール業務に入ったのは

ほんの数回ですが、いずれもそうでした。

「忙しくなりすぎませんように」と

思念しているせいなのか、単なる偶然かわかりませんが。

 

 

居酒屋業務から帰宅した後、YouTubeを見ていると

たまたま以下の動画が上がっていたのです。

 

www.youtube.com

 

「たつろう」さんという、ものまね芸人さんです。

ものまねの対象は芸能人や有名人ではなく、

「こういう人いるよね」という細やかな人物描写が

ご専門のようです。

 

ちょうど上がってきたこの動画

「愛想は良いけど仕事は出来ないタイプの居酒屋店員」

なんですが…

お腹がいたいよ~~夜中に大爆笑(≧▽≦)

 

これ、まんま私やんっ😲!!

そう、このタイプ・・・

 

要領悪いのがわかってるから、

愛想と返事の良さでカバーしようとするのよね💦

全く同じシチュエーションというわけではないが

わかりすぎて辛い(^^;

 

コメント欄に「これ私だ」とか「やっばい、俺だ」

の文言が沢山みられて、救われたわ~

わりと同じタイプの人がいるんだなと。

仲間がこんなにもいるのだと

知ることができて、おばちゃん嬉ぴーYO(^O^)/

たつろうさん、ありがとう~!!

 

あとコメントに「最初は接客をほめられるけど、

徐々に仕事ができないのがバレてイライラされる」

みたいなのもあって、深くうなづいてしまいました。

そうやって、だんだん居づらくなるのよね💧

わかるわ~。

 

 

それにしても世の中には天才って

いるものですね。

YouTubeを見ているとそう思います。

この「たつろう」さんは様々なタイプの

人物ものまねをたくさんアップされており

どれも本当に素晴らしいです!!

 

まだ、いくつかしか見ていませんが

一見鼻につくイヤなタイプの描写であっても、

たつろうさんの愛を感じるんですよね。結局

愛すべきキャラになってしまうと言いますか、

その人物に対する見方ですね。

鋭いのに、温かいんですよね。

 

この世界は色々なタイプの人がいていいんだよね✨

だから面白いんだよね。

改めてそう思うことができました^^。

 

それど同時にやっぱり・・・

各人が自分の適性の合う場所に行った方が

自他ともに皆が幸せかもしれないと。

そうすれば皆が天才になれるのではないか。

そう感じたある日の深夜でした。

 

 

 

 

お読みいただき、ありがとうございました。