蝶のまばたき

もう死にたい、消えたい・・・無職アラフィフ独身女の雑記帳

バタフライ・ノーエフェクト

ブログ開設後3日目。

3つ目の記事になります。

一日坊主は免れることができました。

しかし、やはり書くことが思いつきません…。

 

ここで終了することは(さすがに)できないので

ブログ名について少し触れたいと思います。

 

「蝶のまばたき」がブログ名ですが、

何となく思いつきで名前をつけました。

 

私が「蝶子」なので、まず「蝶」を入れました。

バタフライ・エフェクト ならぬ、

バタフライ・ブリンク(blink=まばたき) です。

 

バタフライ・エフェクトという言葉はご存じでしょうか。

バタフライ効果とも言われます。

「ほんの小さな事象が、さまざまな因果関係の末に

 大きな出来事につながる」という考え方ですね。

 

エドワード・ローレンツさんという気象学者が行った講演の題名

『予測不可能性:ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか?』

から由来しているようです。

 

この理論を踏まえた『バタフライ・エフェクト』という映画も

あるようですが、まだ見たことはありません。

 

たった一匹の蝶の羽ばたきが、遠い遠い場所で

竜巻を引き起こすかもしれない。ということです。

風が吹けば桶屋が儲かる」よりもずっと壮大な話ですね。

 

では、蝶の「羽ばたき」ではなく「まばたき」ならどうでしょうか?

そう、マブタを開けたり閉めたり、パチパチするアレです。

さすがに何も起こらないと思います(笑)

あまりにも些細すぎますからね。

 

蝶がまばたきという行為をするのか、

そもそも蝶にマブタがあるのかすら知りませんが(おいおい…)

この「何も起こせないだろう」感が

私のブログにぴったりだと思いましたね。

我ながら、思いつきのわりにスゴイ(とほめてみる)。

 

ちなみに、加齢のせいだと思いますが、

ドライアイで、私はまばたきを頻繁にするんですね。

ものすごい回数しています。

その意味でもぴったりのブログ名なのでした。

 

最後に「蝉口 蝶子」という名前はもちろん

本名ではありません。偽名、ペンネームです。

 

「蝶子」というと、神秘的な雰囲気のある、髪の長いキレイな

女性を連想しそうですが全く違います。

 

ブラックやパープル・ピンクのレースの下着をつけて

寝る前に赤ワインかブランデーを口にする

妖艶な美熟女を想像したアナタ、それも違います。

  (我が想像力の貧困さよ…)

 

自分は、「蝶子」のイメージと真逆の人間なので、

この名前にしたことを後悔し始めています。

ですが、本名を若干踏まえていますし、変えるのは面倒くさいので

このまま継続していきます。

目指せ一週間坊主!

 

本日もお読みになっていただき、ありがとうございました。

 

                

                      2022年5月16日